桧の杜、ソーラーサーキット仕様 M様邸(小牧市)

【プランニングのポイント】
西向き玄関で、西日や西風や視線を塞ぐためのパラペットの壁が、この家のシンボルとなり玄関ポーチでの余裕となって面白い空間をつくっている。又、外部からの動線も南から入るお客様ルートと、北から入るプライベートルートが分離されて安心なプランです。
内部は、外から見ためと違い、LDK+畳で26帖の大空間が広がっています。これもソーラーサーキット工法ならではのプランニングです。

  • 古民家再生協会岐阜
  • 日本伝統再築士会岐阜市部
  • 地域に根差した職人様へ
  • リンク集